So-net無料ブログ作成
検索選択

運命の人 実話 [運命の人 実話]

沖縄返還協定にからみ、機密情報を国会議員に漏洩した西山太吉記者が国家公務員法違反で逮捕されたという実話(西山事件)を題材にしたドラマ運命の人。
このドラマ、実在のモデルになったと思われる方と登場人物を対比させて見てみると、より面白く楽しめると思います。

組織など
毎朝新聞は、毎日新聞
読日新聞 読売新聞

人物
毎朝新聞:弓成亮太 -> 毎日新聞:西山太吉さん
弓成妻:弓成由里子 -> 同:西山啓子さん
毎朝新聞:司脩一 -> 毎日新聞:三宅久之さん
読日新聞:山部一雄 -> 読売新聞:渡辺恒雄さん
外務相:安西傑 -> 外務相:安川壮さん
外務相:三木昭子 -> 外務相:蓮見喜久子さん
政治家:佐橋慶作 -> 政治家:佐藤栄作さん
政治家:田淵角造 -> 政治家:田中角栄さん
政治家:曽根川靖弘 -> 政治家:中曽根康弘さん
政治家:小平正良 -> 政治家:大平正芳さん
政治家:福出赳雄 -> 政治家:福田赳夫さん
政治家:横溝宏 -> 政治家:横路孝弘さん

このようにモデルとなっている人物が比較的わかりやすいこと、実話を元にしているこから、このドラマについて、読売新聞グループ本社の渡辺恒雄会長・主筆(85)が激怒。自分がモデルになっていると思われる、大森南朋さん演じる山部一雄新聞記者「たかり記者」として描かれており、著しく名誉を傷つけられたと怒りをあらわにしたとニュースになりました。
また、民主党の岡田副総裁は、2月7日、密約について 本木雅弘さん演じる弓成亮太新聞記者のモデルとなったと思われる、西山太吉さんに謝罪し、「国家の密約という問題の中で犠牲者になった一人だ。ジャーナリストとしての行動に一定の敬意を表す」と番組の感想を述べた報じられました。

実話を元にしたドラマも難しいものですね。

運命の人(一) (文春文庫)


運命の人(一) (文春文庫)


運命の人(二) (文春文庫)


運命の人(二) (文春文庫)


運命の人〈3〉 (文春文庫)


運命の人〈3〉 (文春文庫)


運命の人(四) (文春文庫)


運命の人(四) (文春文庫)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。