So-net無料ブログ作成
検索選択

西山事件 その後 [西山事件 その後]

いよいよ3月18日に最終回を迎える「運命の人」。このドラマは西山事件という実話がモデルですが、西山事件のその後はどうなっているのでしょう??

まず、先週の放送で、最高裁が上告を棄却し、高等裁判所の判決で確定となったことは、実話通りです。
この辺は裁判と縁遠い我々にはわかりにくいと感じます。

こちらの記事のように今回のような裁判は続いていくわけですが、弓成記者は
第一審 無罪
この判決を不服として検察側が控訴
控訴審 有罪判決
この判決を不服として弁護側が上告
最高裁 棄却
という流れでした。
第一審では弓成記者(西山記者)がわの主張が通り無罪でしたが、第二審(控訴審)で、逆転判決で有罪に・・・
そして最高裁では、控訴審は審議の必用がないと判断され、上告が棄却。控訴審判決で決定となった流れです。
こう言うの普通わかんないですよね・・・

さて、その後どうなるかは本日の放送で明らかになりますが、いくつか記載しておきますと、
ドラマではつぶれてしまった弓成青果店ですが、現実の西山青果店はつぶれていません。西山さんは毎日新聞を退社後、西山青果店で役員として手腕を振るったそう。
小説としては、地元に戻って、家業で手腕を発揮!!では面白くないので、つぶしてしまったのでしょうか?(笑)
ドラマでは沖縄の海に飛び込んだ弓成記者ですが、モデルの西山さんは2012年現在もご存命です。
2000年になってから、25年間の秘密指定が解かれたアメリカ側の公文書類の中に、密約を裏付ける文書を発見され、西山さんは国を提訴。
2012年2月には岡田副総理が西山事件について、「西山さんに申し訳ない。」と語り物議となりました。
はたしてドラマではどこまで描かれるのでしょうか??


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。