So-net無料ブログ作成
doctors 最強の名医 感想 ブログトップ

doctors 最強の名医 感想 [doctors 最強の名医 感想]

この秋のドラマでこちらもなかなか面白いのが、テレビ朝日の
『DOCTORS〜最強の名医〜』
ですね。
こちらは、とくに原作はなく、福田靖氏の脚本とのこと。
福田靖氏は救命病棟24時シリーズやら、海猿やら、ガリレオやら、竜馬伝など数々の脚本を手掛けているかたです。原作もなく、福田靖氏の脚本とのことで、今後の展開は予想もできず!楽しみですね。

このドラマ、エロ大魔王こと沢村一樹さんが演じるスーパードクター相良が、赤字経営の病院に実力をかくしたまま赴任し、その実力を持って病院を改革していくストーリーです。
坂口憲二さんが主演した医龍をほうふつとさせるストーリーです。
医龍といい、白い巨塔といい、この手のドラマは、医療関係者でないと知らない業界の後ろ側が見られて面白いですね。実際は脚色され、デフォルメされてるとおもいますけど・・・

このdoctorsですが、主人公相良のライバルとなる病院の次期後継者、高嶋政伸さん演じる森山が

素敵に屑!

さすが高嶋さん!いい演技ですね!

まだ三話しか放送していないので、いまから見ても間に合います。
その実力を院長に認めさせた主人公相良が、夜間緊急医療受け入れ態勢や術後集中治療室の整備など、自分の力がどんどん発揮できるように病院を改革していきます。
やる気のないほかのドクターに働かざるを得ない状況を作り出したり、人間関係に疲れ病院を辞めた優秀な医師の次の勤め先への就職を妨害して留まらせたりと、表に裏にかなり強引に事を進めていきます。
第三話では、自らの奥さんを失った原因となった100万人に1人という難病の患者のオペをライバルである森山に執刀させ、チーム医療体制の確率を画策しています。
ただ、森山は実力のある相良が相当嫌いなので、今後どうなるか面白い展開です。
秋のドラマの中では唯一

放送毎に視聴率が上がっているドラマです。

是非チェックしてみてください。







doctors 最強の名医 感想 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。