So-net無料ブログ作成
検索選択
doctors 最強の名医 感想 ブログトップ

doctors 最強の名医 感想 [doctors 最強の名医 感想]

本日21時から第四回目放送のdoctors 最強の名医の感想です。
じりじりと視聴率を上げ続けているこの番組ですが、
沢村一樹さん演じるスーパードクター相良が、赤字経営のダメ病院を改革してく話です。

まだ、見ていない方の為に、いままでのあらすじと感想を!
第1話では、このスーパードクター相良は、自分がスーパードクターだということを隠して、安い給料で堂上総合病院に就任しています。
就任後、相良は緊急オペを行い見事患者を救いますが、これを独断専行としてクビになりそうになります。
このときに、院長先生に緊急オペのビデオを渡してこう言い切ります。

「いいのですね!後悔しますよ!」

そういって出て行った相良を、緊急オペのビデオをみた院長が追い、病院にとどまるようお願いします。

「あなたの実力が分かった。年俸1000万、いや1100万・・」

といった感じで、3500万までつり上げて年俸を決定します。
そしてその年俸のあげた分で、術後集中管理室の設置を依頼。
その後は、夜間緊急医療体制の整備や、総合診療科の設置と次々と改革を行っていきます。
そのやり方も、必要な人材である内科医の再就職先に圧力をかけ就職ができないようにして、堂上総合病院に戻らせるという強引なやりかたで・・・

癒す、騙す、脅す、正す、優しい嘘、残酷な決断 全ては命を救うためか?

というキャッチフレーズのこのドラマ、今後どう展開していくか楽しみです。

個人的には癒す、正すというスーパードクターという良い部分が今のところクローズあっぷされているので、同僚の内科医を強引なやり方でとどまらせたような、騙す、脅すという悪の部分がもっと強調されて欲しいですね!
それにしても

辞めるときに、いいのですか?後悔しますよ!

そんな風にいいきれたらカッコイイですね・・・






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
doctors 最強の名医 感想 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。