So-net無料ブログ作成
家政婦のミタ ネタバレ 過去 ブログトップ

家政婦のミタ ネタバレ 過去 [家政婦のミタ ネタバレ 過去]

今夜第10回目が放送!いよいよ最終回に向かって加速している家政婦のミタ!
以下ネタバレありますので、ご注意を!
今朝、ニュース番組で三田さんの過去が話題になっていたので、ちょっとかいてみます。
ニュース番組では

三田さんの履歴書

が公開されていました。
学歴や職歴は白紙。<これって・・・・いいのか・・・
しかし、資格がすごい!
そろばんや、調理関係など家政婦としての資格はもちろん、ボイラー技士まで。そして・・・

英語、フランス語、インドネシア語、ロシア語、イタリア語、ドイツ語、中国語、スペイン語技能検定 各1級

のマルチリンガル!
インドネシア語ってのがすごいですね・・・なぜ?

そして最終回にむかって今週末16日に

家政婦のミタ エピソード・ゼロ


という本が発売されるそうです。

こちらで、ミタさんの過去が書かれているとか?14日11:00現在、

Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1位

まだまだミタさんの加速はとまらなそうです。

さて、本日の放送時間ですが、放送前にW杯があるため、試合の結果によっては、
放送時間ががずれるようです。ご注意を!!
今のところ、22:35~の放送のようですが録画失敗すると痛いですよ!!

家政婦のミタ ネタバレ 過去 [家政婦のミタ ネタバレ 過去]

昨夜放送の家政婦のミタ第八話・・・
とうとうミタさんの過去が明らかになりました。
しかも・・・

ものすごい過去が唐突に・・・

以下ネタバレなので、まだ見てない方は読まない方が良いかとおもいます。

相武紗季さん演じる、大ボケ隊長のうららちゃんのブッキングミスでレストランの予約がはいっていなかった阿須田家は家に戻り、お寿司でもとってみんなで食べようということになりました。
三田さんの過去が知りたくて、いろいろと三田さんに聞いたり調べたりしていた阿須田家の家族は、三田さんも一緒に食べましょうとテーブルに誘いました。
テーブルについた三田さんは、唐突に過去を話し出します。

阿須田家の末子希衣ちゃんと同じくらいの年のころ、三田さんは家政婦として
三田さんの家に来た晴海さん(紹介所のおばさま)と知り合った。
三田さんの父親は川でおぼれそうになった三田さんを助けるため、おぼれてしんだ。
三田さんの母は、父の死の原因となった三田さんを憎むようになった。
三田さんは母親に好かれようと習い事や勉強を必死に頑張った。
その後母親が再婚し、弟が生まれた。母親はその弟を溺愛するようになった。
母親の再婚相手の義理の父親は、三田さんに色目をうかうようになり、
そのことが、三田さんの母親の三田さんへの憎悪を加速させた。
「お前のその笑顔が悪い」
そう母親は言い続けた。
そんな幼少期から思春期を過ごし、
三田さんは結婚をした。旦那とそっくりな息子が生まれ、やっと幸せをつかんだ。
そこに、義理の弟が三田さんの元に現れて、関係をせまり、ストーカーとなった。
三田さんは拒み続けたが、三田さんの旦那にしられることとなり、
三田さんの旦那は三田さんの義理の弟を責めた。
三田さんの義理の弟は、三田さんの家に火をつけた・・・
三田さんの旦那、息子はその家事でなくなった。
義理の弟は、自殺してこの世から逃げた。
残された母や、旦那の両親に三田さんは言われた

「おまえの笑顔がみんなを不幸にする。謝らなくていい。」 「ただ、死ぬまで二度と笑うな」

こうして全てを失った三田さんは笑わなくなったとのこと・・・

早口で過去を怒濤のように語る三田さんの目にもさすがに光るものが・・・
とにかく壮絶で、希衣ちゃんなんかはおそらく全ては理解できなかったでしょう。

重すぎ・・・

隠している人の過去を安易な興味で知ろうとしてはいけないのでしょうか?
おそらく阿須田家の家族は三田さんに好意を持ち、三田さんをもっと知りたい。

もっと仲良くなりたい。

と純粋に願って過去を知りたがったのでしょう。
野次馬的興味よりも、笑わない三田さんという人間が形成された過去を知り、三田さんをもっと理解したかったのでしょう。
三田さんも、そんな子供達の気分を知り、このまま家政婦を続ければ、自戒が崩壊してしまうと感じ、告白、そして阿須田家の家政婦をやめるという選択をとったのでしょう。
過去を話す三田さんからは、いままでなかった感情の揺れが少なからず出ておりました。
自己崩壊しないよう、感情を殺して生きてきた・・・
そんな壮絶な人生を歩む三田さん。
このあとの展開が見逃せなくなってきました・・・

それにしても、三田さんの重すぎる過去の告白を聞いたあとに、流れた主題歌


愛なき時代に生まれた訳じゃない。
君と生きたい。君を笑わせたい。
愛なき時代に生まれた訳じゃない。
強くなりたい。やさしくなりたい。
という歌詞があまりにマッチしていました。
たまたまなのでしょうか?このドラマの背景を聞いて書き下ろしたのでしょうか?
斉藤和義さんの歌は、着飾ってかっこつけたものではなく、心からの叫びのような歌が多く、このドラマにもぴったりだと感じます。
家政婦のミタ ネタバレ 過去 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。